LinksMateに向いてる人はどんな人?LinksMateのメリットや評判を徹底解説!!

ソーシャルゲームのカウントフリーが魅力のLinksMate。大手キャリアから乗り換えして後悔しないために。LinksMateをおすすめ出来る人はこんな人です。


以下の条件のどれかに当てはまる人はLinksMateに向いています。

■ソーシャルゲームをよくする人。
■AmebaTV動画などの動画サービスや音楽サービスをよく利用する人
■現在の利用しているスマホがdocomoで購入した人。
■家族間で利用する人。または、複数端末利用したい人。

ソーシャルゲームをよくする人

LinksMateの他の格安SIMと違うのは、「ソーシャルゲームのカウントフリー」が存在することです。
対象のゲームであれば、データ通信量が90%割引されます。
対象のゲームはぞくそく増えているので、自分がやりたいゲームがあればLinksMateは良いと思います。

対象となるゲーム・コンテンツは以下の通り。(2019/04現在)

◆ゲーム
・アークザラッド R
・アイドルマスター SideM
・アイドルマスター SideM LIVE ON STAGE!
・アイドルマスター シャイニーカラーズ
・アイドルマスター シンデレラガールズ
・アイドルマスター シンデレラガールズ スターライトステージ
・アイドルマスター ミリオンライブ! シアターデイズ
・茜さすセカイでキミと詠う
・あんさんぶるスターズ!
・一血卍傑-ONLINE-
・ウチの姫さまがいちばんカワイイ
・エレメンタルストーリー
・オルタナティブガールズ2
・オルタンシアサーガ
・ガールフレンド(仮)
・怪盗ロワイヤル
・神式一閃 カムライトライブ
・グランブルーファンタジー
・グリモアA〜私立グリモワール魔法学園〜
・剣と魔法のログレスいにしえの女神
・THE KING OF FIGHTERS ALLSTAR
・荒野行動
・三国ブレイズ
・実況パワフルサッカー
・Shadowverse
・ジョーカー〜ギャングロード〜
・スペースデブリーズ
・セブンズストーリー
・戦国炎舞 -KIZNA-
・戦国ロワイヤル
・戦闘摂理解析システム#コンパス
・千年戦争アイギス A
・テイルズ オブ ザ レイズ ミラージュ プリズン
・刀剣乱舞-ONLINE- Pocket
・ドラガリアロスト
・猫とドラゴン
・農園ホッコリーナ
・バンドリ!ガールズバンドパーティ!
・FINAL FANTASY BRAVE EXVIUS
・ファンタジーライフオンライン
・プリンセスコネクト!Re:Dive
・ぼくとドラゴン
・スタジオキング
・ポコロンダンジョンズ
・グレンジ
・マギアレコード 魔法少女まどか☆マギカ外伝
・みんゴル
・夢王国と眠れる100人の王子様
・妖怪ウォッチ ぷにぷに
・妖怪ウォッチ ワールド
・リネージュ2 レボリューション

また、ゲームによっては、連携特典がもらえるゲームもあります。

AmebaTV動画などのコンテンツサービスやSNSをよく利用する人

こちらもカウントフリーの対象でデータ通信量が90%割引されます。

対象となるコンテンツは以下の通りです。
◆コンテンツ
・AbemaTV
・AWA
・enza
・OPENREC.tv
・グランブルーファンタジー スカイコンパス
・GameWith
・サイコミ
・読書のお時間です
・niconico
・VideoMarket
・ファミ通.com
・FRESH LIVE
・Mirrativ
・Lobi
・AppStore
・GooglePlay

◆SNS
・Instagram
・Twitter
・Facebook

LinksMateはカウントフリーだけではありません。

LinksMateはドコモ回線で運営されています。
現在の契約がドコモの人で端末をそのまま利用したい人はSIMロック解除をしなくても利用できます。

また、LinksMateはMVNEを通さず、直接ドコモから回線を借りて運営しています。
要するに卸問屋を利用していないということになります。
これをするには、LinksMate自身がある程度の設備投資を行うことが必要になりまが、MVNEが介入していない為、自由にドコモと契約することができます。
このおかげで、LinksMateは頻繁に回線増強を行っているようです。(2019/04現在)

LinksMateは比較的、通信が安定していて、通信速度が速いのが特徴です。

個人的には一番オススメできる格安SIMになっています。

SIMのシェアも出来るので、家族利用やスマホの複数持ちもできる。

LinksMateはSIMカードを最大5枚まで持つことができます。
追加するSIMカードは月額300円かかりますが、新たに契約するのと比べるとスマホ代を安く抑える事が出来ます。

仮に4人家族で利用する場合、家族全員分が6,300円程度で抑える事ができます。

【「30GBプラン」+「追加SIM利用料」× 3】= 6,300円

もちろん、1人で複数端末利用しても構いません。

また、カウントフリーオプションはSIMカード単位ではなく、グループ単価になります。
本体プランにカウントフリーオプションをつければ、追加SIMもカウントフリーになります。
家族みんなでカウントフリーにすることができますね。

結局のところ・・・

誰にでもオススメできる格安SIMです。

筆者個人も友人に勧めるなら真っ先に「LinksMate」をおススメするくらいの格安SIMです。

但し、1つだけ注意点があります。
それは、解約時に「解約手数料3,000円」が発生することです。

ただ、その代わり、最低利用期間が設定されていないので、仮に短期で解約してしまった場合でも、他の格安SIMの様に違約金を徴収されることはありません。

それを踏まえても、LinksMateに乗り換えるメリットはありますので、検討してみてはどうでしょうか。

公式サイトこちら


ソーシャル・シェア
新着情報
スマートフォン