嘘偽りない一番安い格安SIM(MVNO)料金ランキング

嘘偽りない一番安い格安SIM(MVNO)料金ランキング

嘘偽りない一番安い格安SIM料金ランキングを作成しました。
単純に料金表からではなく、各MVNOの1GB当たりのデータ通信料の平均を算出しています。



<算出方法>
■MVNO毎に「料金プランの1GB当たりのデータ通信料の合計 ÷ 料金プラン数」

<算出条件>
■データ通信量が2GB以上のプラン

これで、本当に安い格安SIM(MVNO)が分かりますが、MVNO毎の全プランの平均値なので、実際のプランの単価とは違います。
この点だけ注意してみて頂ければと思います。

では、実際にランキングを見てみましょう!!


嘘偽りない一番安い格安SIM料金ランキング発表!!

LinksMate

¥263/GB

ヤマダニューモバイル

¥275/GB

イオンモバイル

¥277/GB

LIBMO

¥280/GB

b-mobile

¥295/GB

BIGLOBEモバイル

¥297/GB

OCN モバイル ONE

¥297/GB

mineo

¥298/GB

NifMo

¥312/GB

DTI SIM

¥315/GB

IIJmio

¥315/GB

U-mobile

¥318/GB

DMM mobile

¥334/GB

リペアSIM

¥336/GB

エキサイトモバイル

¥339/GB

nuro mobile

¥387/GB

楽天モバイル

¥393/GB

UQモバイル

¥425/GB

LINE MOBILE

¥431/GB

H.I.S.モバイル

¥479/GB

J:COMモバイル

¥484/GB

Y!mobile

¥545/GB

まとめ

今回はあくまでも安さに焦点をしぽってみました。
また、大容量プランがあるMVNOが安く算出される傾向がありますので、データ通信量が少ないプランは実際は高くなります。
格安SIMを選ぶ際は、安さだけじゃなくオプションやサービス面も考慮して選びましょう。
カウントフリーなどの特定のサービスだけは通信使い放題のもあるのや、1契約で複数枚のSIMを持てるシェアプランなどがあるのが格安SIMの醍醐味です。
自分のスマホの使い方を振り返って、自分にあった格安SIMをみつけましょう。


ソーシャル・シェア
新着情報
スマートフォン