楽天エリアとパートナーエリアのどちらで通信しているか判別する方法

Rakuten UN-LIMITは楽天エリアならデータ無制限で使い放題!
でもパートナーエリア(auローミング)は月間容量制限が5GBまで。
ネットやメッセージなど普段使いなら問題ないが、動画鑑賞となるとパートナーエリアでは容量が少ない。
楽天エリアとパートナーエリアのどちらで通信しているか一発で判別する方法を解説。


スマートフォンには「Rakuten」と表示されている。

ロック画面等に通信会社名が表示されているがRakuten UN-LIMITは「Rakuten」と表示されています。

スマートフォンには「Rakuten」と表示されている。


これは、RakutenのSIMを使っていますよ!っていうだけで、実際に楽天エリアに繋がっているかどうかは、これだけでは分かりません。
では、どうしたらよいのでしょうか?

「my楽天モバイル」アプリを使用する。

「my楽天モバイル」アプリを開き、下にあるメニューから「利用状況」をタップ。

「my楽天モバイル」アプリを使用する。




  • 「パートナー回線エリア」と表示されたらauローミング回線(月5GBまで)
  • 「楽天回線エリア」と表示されたら楽天回線で無制限





でも、いちいち「my楽天モバイル」アプリを立ち上げるのは面倒ではないですか?

そんな方におススメなのが↓のアプリ

「Net Monitor」アプリ

「Net Monitor」アプリを使用すると、現在楽天の自社回線を使用しているのか、サポート回線なのか簡単に判別できます。


アプリのDLはコチラ



このアプリには有料版もありますが、無料版で大丈夫です
海外のアプリなので、全て英語です。


インストールするとこの画面に行くので、「REQUEST AND GRANT PERMISSIONS」をタップ

システムの管理許可を求められるかと思いますので、全て「許可」します。

そのまま起動すると、以下の画面になります。

楽天エリアとパートナーエリアのどちらで通信しているかは「MCC MNC」を見ることで判別が可能です。

  • 楽天回線は「440 11」となります。
  • それ以外は「パートナーエリア」での通信です。

また、このアプリの良いところはホーム画面にウィジェットが貼れるところ。
目立つところにおいておけば、操作する前に確認できます。
(まぁ、景観は損ねますがね…)

まだまだ自社回線エリアは狭いので、エリアの拡大が進むことを願います!


ソーシャル・シェア
スマートフォン