[2021年最新版]IIJmioの特徴を解説

格安スマホのパイオニアIIJmioを実際に使って分かったメリット・デメリットや通信スピードなどを徹底解説。
IIJmio検討している方もそうでない方もスマホ代を節約したななら必見です。


IIJという会社は知ってる??

名前は聞いたことあるけど、何の会社なんですか?

IIJ(インターネット・イニシアティブ・ジャパン)はインターネット創世記にプロバイダーからスタートした会社だよ。
IIJmioはそのIIJの格安SIM部門になるんだ。

実はこのIIJmio、格安SIM業界ではシェア第1位なんだよ。

それじゃ、IIJmioの事、教えてください!

実はIIJmioは凄かった!!格安SIMのリーダー的存在のIIJmio

IIJmioの特徴は何といってもシェアNo.1。
シェアNo.1だからできる料金の安さが魅力です。
またシェアNo.1なので、ドコモ等のキャリアから借りている回線の量は多く、通信品質も安定しているのが特徴です。


SIMのシェアプランやeSIMをいち早く導入したり、法人限定ですが、フルMVNOのサービスも開始しています。

※フルMVNOとはドコモ等のキャリアが受け持つサービスをMVNOを担うことが出来る業者のことです。
これにより、IIJmioで年齢認証が行えたり、キャリア決済が行えたりします。
まだ法人だけのサービスですが、今後個人契約者へも広がっていくと思われます。


■IIJmioの特徴①~料金プランの安さ~

IIJmioの魅力はなんといっても料金の安さですね。

まずは料金表を見てみましょう。


2ギガプラン(音声通話) au 2GB ¥858
4ギガプラン(音声通話) au 4GB ¥1,078
8ギガプラン(音声通話) au 8GB ¥1,518
15ギガプラン(音声通話) au 15GB ¥1,848
20ギガプラン(音声通話) au 20GB ¥2,068
 
2ギガプラン(音声通話) docomo 2GB ¥858
4ギガプラン(音声通話) docomo 4GB ¥1,078
8ギガプラン(音声通話) docomo 8GB ¥1,518
15ギガプラン(音声通話) docomo 15GB ¥1,848
20ギガプラン(音声通話) docomo 20GB ¥2,068
 
2ギガプラン(データ通信) au 2GB ¥748
4ギガプラン(データ通信) au 4GB ¥968
8ギガプラン(データ通信) au 8GB ¥1,408
15ギガプラン(データ通信) au 15GB ¥1,738
20ギガプラン(データ通信) au 20GB ¥1,958
 
2ギガプラン(データ通信) docomo 2GB ¥748
4ギガプラン(データ通信) docomo 4GB ¥968
8ギガプラン(データ通信) docomo 8GB ¥1,408
15ギガプラン(データ通信) docomo 15GB ¥1,738
20ギガプラン(データ通信) docomo 20GB ¥1,958
 
2ギガプラン(eSIMデータ通信) docomo 2GB ¥440
4ギガプラン(eSIMデータ通信) docomo 4GB ¥660
8ギガプラン(eSIMデータ通信) docomo 8GB ¥1,100
15ギガプラン(eSIMデータ通信) docomo 15GB ¥1,430
20ギガプラン(eSIMデータ通信) docomo 20GB ¥1,650
 
2ギガプラン(SMS) au 2GB ¥825
4ギガプラン(SMS) au 4GB ¥1,045
8ギガプラン(SMS) au 8GB ¥1,485
15ギガプラン(SMS) au 15GB ¥1,815
20ギガプラン(SMS) au 20GB ¥2,035
 
2ギガプラン(SMS) docomo 2GB ¥825
4ギガプラン(SMS) docomo 4GB ¥1,045
8ギガプラン(SMS) docomo 8GB ¥1,485
15ギガプラン(SMS) docomo 15GB ¥1,815
20ギガプラン(SMS) docomo 20GB ¥2,035
 

※上記、料金表は2021年の新プランです。適用されるのは2021/04/01~となります。

2GB~20GBまでのプランとなっていて、20GBも使わないユーザにもしっかりと対応しています。
ahamoやpovoの様に20GBプラン一択ではないので、データ容量をあまり使わないライトユーザにもきっちり対応しています。
もし、データ容量を使い切ってしまっても、1GB/220円で追加可能です。

印象ですが、音声通話とデータ専用SIMの値段差があまりないので、月100円程度であれば音声通話でも良いかなって思ってしまいます。
またeSIMはデータ専用ですが、さらに安くなっています。


2台持ちやサブ回線利用などで、メイン回線をキャリア、副回線をIIJmioといった使い方もできますよ!


IIJmioの回線ですが、docomo回線とau回線の2つがあります。
申込時にdocomo回線とau回線を選べるので、機種変更を行わなくても、今持っているスマホをほぼ利用できるのではないでしょうか?
料金はどちらも変わりません。



今持っているスマホをほぼ利用できるとSIMの差替えだけで乗換えできるから楽チンですね♪

■ahamo、povo、LINEMO、Rakutenモバイルと比べてみた

やはりahamo、povo、LINEMOのキャリアの格安プランやRakutenモバイルも気になるところ。
そこでIIJmioと各キャリアの格安プランを比較してみました。


IIJmio Rakuten
Mobile
ahamo
[ドコモ]
povo
[au]
LINEMO
[Softbank]
キャリア区分 MVNO MNO MNO MNO MNO
月額料金 1GB ¥858 無料 ¥2,970 ¥2,695 ¥2,695
2GB ¥1,078
3GB ¥1,078
4GB ¥2,178
8GB ¥1,518
15GB ¥1,848
20GB ¥2,068
無制限 - ¥3,278 - - -
回線 docomo
au
Rakuten docomo au Softbank
国内かけ放題 3分かけ放題
10分かけ放題
かけ放題
RakutenLink使用時のみ
5分かけ放題 オプション オプション
通話料金 \22/30秒
※みおふぉん利用時は\11/30秒
\22/30秒
RakutenLink使用時は無料
5分超過後
\22/30秒
\22/30秒 \22/30秒
テザリング料金 無料 無料 無料 無料 無料
データチャージ料金 \220/1GB 無制限なのでチャージ不要 \550/1GB \550/1GB \550/1GB
契約手数料 ¥3,300 無料 無料 無料 無料
契約解除手数料 無料 無料 無料 無料 無料
カウントフリー なし なし なし なし LINEのみ
低速時の速度 300kbps 最高1Mbps 最高1Mbps 最高1Mbps 最高1Mbps
データ使い放題 × 無制限 × 550円/日 ×
キャリアメール × 2021年夏頃提供予定 提供予定 提供予定 提供予定
5Gの対応有無 2021年夏頃提供予定
eSIM 検討中 対応予定
契約手続き WEB・店舗 WEB・店舗 WEB WEB WEB
サポート WEB・店舗 WEB・店舗・チャット WEB・チャット WEB・チャット WEB・チャット
MNP転出手数料 無料 無料 無料 無料 無料
特徴的なサービス データ繰り越し
データシェア
無制限データ通信
通話料無料
docomoの家族割対象 LINEのみカウントフリー



Rakutenモバイルとは値段が拮抗しているイメージです。
ahamo、povo、LINEMOとは600円~900円の差があります。
ただ、ahamo、povo、LINEMOは20GB固定なのに対し、IIJmioは少量量プランも充実しているので、毎月のそんなに利用しないって人にはIIJmioの方が圧倒的にやすく済みます。

MM総研の調査によるとスマホの月間データ容量は平均約7GBで、スマホ利用者の8割の人が7GBも使っていないという結果が出ているぞ!

■IIJmioの特徴②~機能の豊富さ~


■シェアNo.1
大事なことだから何度も言いますが、IIJmioは格安SIM業界でシェアNo.1です。
No.1だから良いのかって言われると・・・ですが、No.1なので、キャリアから借りている回線の量は多く、通信品質も安定しています。

■選べる回線は「docomo」と「au」の2回線
docomo回線の「タイプD」と、au回線の「タイプA」が選べます。
「タイプA」のデータ通信用SIMはSMSが標準でついているが、「タイプD」はSMSの有無が選べる。

SMSとはショートメッセージサービスの略で電話番号でメッセージをやり取りするサービスのことです。
ツイッターなどのSNSなどをやる人は、SMS認証とかがあるのでSMSは付けておいた方が無難です。


■余った通信量を翌月繰り越し可能

余った通信量は翌月に繰り越し可能です。
例えば、20GBプランを契約していて10GBしか使わなければ、翌月は30GB使えるという事です。
繰り越した10GBは優先的に使われます。


■SIMを追加してシェアできる
IIJmioはSIMを最大5枚まで追加できます。
追加したSIMは必ず何かしらのプランに入らなければいけませんが、実は契約プランを合算してまとめてシェアできます。

例えば、家族3人で契約する場合、
お父さん・・・8GB
お母さん・・・2GB
お子さん・・・20GB

UQモバイルなどは、お父さんなら8GB、お子さんなら20GBなど、それぞれのデータ容量をオーバーすると速度規制が入りますが、
IIJmioは30GBを3人でシェアして使うことができます。
お母さんが2GBで足りなくなれば、お子さんの20GBから頂戴することができます。



■「みおふぉんダイアル」「ファミリー通話割引」「通話定額オプション」で音声通話もお得に
音声通話SIMで電話をかける時はみおふぉんダイアルの専用アプリ「みおふぉんダイアル」を使って電話をかければ、誰とでも通話料が半額になる。(30秒/22円→30秒/11円)
「みおふぉんダイアル」アプリをインストールすれば、申し込みは不要で簡単に使えるようになる。

また「ファミリーシェアプラン」で同一に契約している家族のスマホにかけた場合や、同一の契約者名義(mioID)間で通話する場合には20%割引される。
「みおふぉんダイアル」と組み合わせて使うこともでき、そうすれば元の料金の60%OFF(30秒/11円→30秒/8.8円)となる。

通話定額のかけ放題オプションは2種類用意されている。
・「誰とでも3分 家族と10分」
  国内通話なら1回3分以内の通話が無料、同一ID間の通話なら1回10分以内の通話が無料。
・「誰とでも10分 家族と30分」
  国内通話なら1回10分以内の通話が無料、同一ID間の通話なら1回30分以内の通話が無料。

この通話定額オプションはシェアしている相手だと、約3倍の時間電話できるようになるぞ!

■5G通信もデフォルトで利用できる。
5G対応のスマートフォン端末に限るが、5G通信もデフォルトで使用する事が可能です。
5G通信エリア内に住んでいるなら、超高速データ通信を利用できます。


■バースト機能など、シェアNo.1が誇るの回線品質
IIJmioはバースト機能と言って低速時でも最初のトラフィックだけは高速で通信するように設定されています。
動画等のストリーミングを低速で見るのには向かないですが、通常のWEBサイトやメッセージを送るなどの用途の場合は低速でも快適に閲覧できるのが特徴です。


■IIJmioの特徴③~手数料の安さ~

IIJmioは2年縛りなどの契約解除料はありません。
さらにMNP転出手数料をかからない為、もし不満があって他社に乗り換えたいなと思っても低コストで乗換ができちゃいます。
またY!モバイルのような、「初年度無料」とか「家族割で~」っといった複雑な割引がないので、急に料金が上がるといった事もないのが特徴です。

■IIJmioの特徴④~IIJmioは分割購入時の端末価格が安い~

意外と知られていないかも知れないが・・・IIJmioは端末が一括購入の場合と分割購入の場合で金額差が少ない。
他の業者が端末の分割購入の場合手数料を取っているのに対し、IIJmioはほぼほぼ分割手数料を取っていない。
一括購入する場合は、他の業者と大差はないが、分割購入の際は数千円~1万円程度の差が開くので端末をセット購入する場合はIIJmioはオススメの格安SIM業者です。

僕もSIMフリーのスマホを買う時はIIJmioから購入しています。
端末購入だけならIIJmioのプラン申込しなくても買えるんだ。

回線契約と端末購入は分離してるんですね!

■IIJmioの特徴⑤~実際の通信速度は?~

実際の通信速度はどのくらい出るんですか?

通信速度は可もなく不可もなくって言ったところかな?

実際の通信速度はUQモバイルやワイモバイルなどのサブブランドに比べれば劣るが、比較的安定しているのがIIJmioの良いところです。
普通にWEBサイトを見る等の使い方で、動画など通信量が大きいコンテンツだけを見ることに特化しなければ、全然問題なく使えます。

IIJmioのDタイプをスピードテストした結果です。

こちらのチェックでは、やはり、平日の昼は速度は遅いですが、平均して10Mbpsくらいは出ているのでは?といった感じです。

調子が良いと40Mbpsくらい出てる時もあります。素晴らしい(笑)

ただ、通信速度判定は誤差が大きくあてにならないし、すべての人に当てはまる訳ではないので、あくまでも参考に思ってください!!

■いかがでしたか?

IIJmioは、
・シェアNo.1なので格安SIM初心者には最適。
・家族で利用したい人。またはスマホを複数台使いたい人。
・20GBを最安で使いたい人。
といった方にピッタリな格安SIMです。

実は僕もシェアNo.1だからIIJmioにしました。

興味がある方は公式サイトをチェックですね!!


ソーシャル・シェア
スマートフォン