BIGLOBEモバイルが向いている人はどんな人?BIGLOBEモバイルに乗り換えるメリットは?

BIGLOBEモバイルに乗り換えるメリットはなんといってもエンタメフリー。動画よく見る方や音楽を聴く方には向いている格安SIMです。


BIGLOBEモバイルのおすすめポイント

BIGLOBEモバイルのおすすめポイントは以下の通りです。

・音楽や動画のストリーミング配信をよく使う方
・家族間でデータ通信量をシェアしたい方
・1人で複数の端末(スマートフォン・タブレット等)を持ちたい方

音楽や動画のストリーミング配信をよく使う方にはおすすめ。

BIGLOBEモバイルの最大の特徴は「エンタメフリー」オプションがある事です。


「エンタメフリーオプション」とは、どういうものかと言うと、

オプション料金を払えば、以下の動画・音楽サイトの視聴が定額制となり、契約しているデータ通信量にカウントされません。

例えば、3GBプランを契約してる場合、「YouTube」で3GB分の動画を見ても、契約プランの3GBから引かれることはなく、データ通信はそのまま残ります。
この3GBは他の通信に利用できるということです。
もちろん、定額制なので、仮にYouTubeをひと月に10GB見ても速度規制はかかりません。

「エンタメフリーオプション」でカウントフリーになるのは以下の動画・音楽サイトです。
・YouTube (動画サービス)
・Google Play Music (音楽配信サービス)
・Apple Music (音楽配信サービス)
・AbemaTV (動画サービス)
・Spotify (音楽配信サービス)
・AWA (音楽配信サービス)
・radiko.jp (ネットラジオ)
・Amazon Music (音楽配信サービス)
・U-NEXT (動画サービス)
・YouTube Kids (動画サービス)

※あくまでもデータ通信が定額になるだけで、Apple Musicなどの有料コンテンツの場合は別途コンテンツ利用料が必要です。

上記のコンテンツをよく利用している方は、このオプションだけでBIGLOBEモバイルに向いているといえます。

エンタメフリーオプションの使い勝手はどうなのでしょうか。

「動画が停止することは少ないが、画質はスマホで見ても粗い」ようです。

正直、きれいな画質でじっくり見たい方にはオススメできませんが、通勤中の電車の中等で画質を気にせずに見る分にはオススメできます。

動画ではなく、音楽ストリーミングは普通に聞けますので、「Apple Music」などと契約している方には当然オススメできます。

BIGLOBEモバイルのもう一つのウリは「データ通信量を複数のSIMでシェア」できることです。

データ通信量を複数のSIMでシェアできます。

これは契約している料金プランで、SIMカードを最大5枚まで発行することができます。

例えば、20GBプランを契約していて、SIMカード5枚発行している場合は、5枚のSIMで20GBをシェアして使うことができます。

SIMカードの追加発行は1枚辺り月額利用料が掛かります。
・音声通話SIM・・・900円/月
・データ通信SIM・・・320円/月(SMS無しは200円/月)

例えば、4人家族で利用することを想定した場合、

◆4契約した場合
 6GBプラン(2,150円)× 4 = 8,600円

◆1契約でSIMカードを3枚追加発行した場合
 20GBプラン(5,200円) + 音声通話SIM(900円)× 3 = 7,900円

少しだけですが、安くすることができます。

もちろん、1人で複数発行して、2台目、3台目のスマホ、タブレットを所有することもできます。

※データシェアについては、他の格安SIM会社でも扱っている所もありますので、十分に比較検討すると良いかもしれません。

データシェアのデメリット・注意点は?

複数人でデータ容量を分け合う場合、メンバーのうち1人がデータ容量を使いすぎて通信制限を受けた場合、その他のSIMカードすべて通信制限を受けてしまいます。

また、契約の際、メインとなるSIMカードがデータ専用の場合では音声通話SIMカードの追加はできません。

さらに3GBプランからしか使えませんので、1GBプランの契約ではシェアSIMの利用はできません。

なお、音声通話SIMの最低利用期間12カ月以内の契約解除による違約金はカード1枚ごとにかかってきますので注意です!


ソーシャル・シェア
スマートフォン