[2021年最新版]日本通信SIM(b-mobile)の特徴や料金プランを解説

日本通信SIMは知名度はあまりないけど実は日本で最初の格安SIM業者のb-mobileの別ブランドです。
格安スマホのパイオニア日本通信SIMのメリット・デメリットや通信スピードなどを徹底解説。
日本通信SIMを知っている方も知らない方もスマホ代を節約したいなら必見です。


日本通信SIMってどんな格安SIMなんですか?

日本通信SIMはウィルコムから回線を買い取ったことで日本で最初のMVNO事業者になった会社だよ!
運営母体は日本通信で主に法人向けのサービスを展開していたから、個人向けにはあまり知られていないかも知れないね。

日本通信って最近ニュースになってましたよね?
確か音声通話がどうとか…

よく知ってるね!
日本通信はって主にドコモから回線をレンタルしてるんだ。

データ通信のレンタル料は年々下がってきたんだけど、通話料金のレンタル料に関してはずっと変わらなかったんだ。

日本通信はドコモに対して通話料金のレンタル料も下げてって総務大臣に対して裁定を求めていたんだ。

結局、レンタル料は下がったんですか?

うん、下がった。
だから、格安SIMで初めて【完全定額のかけ放題】が実現できたんだ。

これから他の格安SIMにも普及するんじゃないかな?

【初】が多いですね!

それじゃ、今回は日本通信SIM(b-mobile)についてレクチャーするよ


※b-mobileは新たに【日本通信SIM】というブランドを立ち上げました。
 この記事では【日本通信SIM】に特化した内容となっています。

■日本通信SIMとは?

日本通信SIMは、どちらかというとあまり知られておらず、知名度は低いです。

とは言うものの、実は早くから格安SIMにおいてサービスを提供してきた老舗で、運営母体は日本通信です。

日本通信は東京の港区に本社があり、個人向けデータ通信事業および、法人向けワイヤレスデータ通信のMVNOで、ウィルコムから回線領域を買い取ったことで日本で最初のMVNO事業者となったという経緯があります。

こうした経緯があまり知られていないのは、中小企業向けや法人向けのサービスを手掛けてきたという特徴によるものと考えられそうです。

中小企業や法人向けサービスを多く手掛けているとはいえ、日本通信は今は個人とも契約しています。

それがb-mobileや日本通信SIMになります。

■日本通信SIMの特徴①~3種類の料金プラン~

まずは料金プランですが、
定額制プランと従量制プランの2種類が用意されていて、両方ともに音声通話+データ通信になっています。

※データ通信専用のSIMはb-mobileの「190PadSIM」というプランが用意されています。

■音声通話

JUST FIT 1GB (SoftBank) SoftBank 1GB ¥1,089
JUST FIT 2GB (SoftBank) SoftBank 2GB ¥1,309
JUST FIT 3GB (SoftBank) SoftBank 3GB ¥1,529
JUST FIT 4GB (SoftBank) SoftBank 4GB ¥1,749
JUST FIT 5GB (SoftBank) SoftBank 5GB ¥1,969
JUST FIT 6GB (SoftBank) SoftBank 6GB ¥2,189
JUST FIT 7GB (SoftBank) SoftBank 7GB ¥2,409
JUST FIT 8GB (SoftBank) SoftBank 8GB ¥2,629
JUST FIT 9GB (SoftBank) SoftBank 9GB ¥2,849
JUST FIT 10GB (SoftBank) SoftBank 10GB ¥3,069
JUST FIT 11GB (SoftBank) SoftBank 11GB ¥3,289
JUST FIT 12GB (SoftBank) SoftBank 12GB ¥3,509
JUST FIT 13GB (SoftBank) SoftBank 13GB ¥3,729
JUST FIT 14GB (SoftBank) SoftBank 14GB ¥3,949
JUST FIT 15GB (SoftBank) SoftBank 15GB ¥4,169
JUST FIT 16GB (SoftBank) SoftBank 16GB ¥4,389
JUST FIT 17GB (SoftBank) SoftBank 17GB ¥4,609
JUST FIT 18GB (SoftBank) SoftBank 18GB ¥4,829
JUST FIT 19GB (SoftBank) SoftBank 19GB ¥5,049
JUST FIT 20GB (SoftBank) SoftBank 20GB ¥5,269
 
合理的20GBプラン docomo 20GB ¥2,178
 
合理的かけほプラン docomo 3GB ¥2,728
合理的かけほプラン docomo 4GB ¥3,003
合理的かけほプラン docomo 5GB ¥3,278
合理的かけほプラン docomo 6GB ¥3,553
合理的かけほプラン docomo 7GB ¥3,828
合理的かけほプラン docomo 8GB ¥4,103
合理的かけほプラン docomo 9GB ¥4,378
合理的かけほプラン docomo 10GB ¥4,653
合理的かけほプラン docomo 11GB ¥4,928
合理的かけほプラン docomo 12GB ¥5,203
合理的かけほプラン docomo 13GB ¥5,478
合理的かけほプラン docomo 14GB ¥5,753
合理的かけほプラン docomo 15GB ¥6,028
合理的かけほプラン docomo 16GB ¥6,303
合理的かけほプラン docomo 17GB ¥6,578
合理的かけほプラン docomo 18GB ¥6,853
合理的かけほプラン docomo 19GB ¥7,128
合理的かけほプラン docomo 20GB ¥7,403
合理的かけほプラン docomo 21GB ¥7,678
合理的かけほプラン docomo 22GB ¥7,953
合理的かけほプラン docomo 23GB ¥8,228
合理的かけほプラン docomo 24GB ¥8,503
合理的かけほプラン docomo 25GB ¥8,778
合理的かけほプラン docomo 26GB ¥9,053
合理的かけほプラン docomo 27GB ¥9,328
合理的かけほプラン docomo 28GB ¥9,603
合理的かけほプラン docomo 29GB ¥9,878
合理的かけほプラン docomo 30GB ¥10,153
 

■データ通信

190PadSIM 100MB (SoftBank) SoftBank 100MB ¥209
190PadSIM 1GB (SoftBank) SoftBank 1GB ¥528
190PadSIM 3GB(SoftBank) SoftBank 3GB ¥935
190PadSIM 6GB(SoftBank) SoftBank 6GB ¥1,595
190PadSIM 10GB(SoftBank) SoftBank 10GB ¥2,409
190PadSIM 15GB(SoftBank) SoftBank 15GB ¥3,608
 



合理的20GBプラン

合理的20GBプランは月20GBのデータ通信と合計70分のかけ放題のセットが月額\2,178(税込)で提供されています。
他社のプランが20GBで月額\2,178(税込)~となっているところが多いのに、それに合計70分のかけ放題がついてくるのでトータルで考えるとかなり安いプランとなっています。
非常にわかりやすい料金プランで、大手キャリアの様に条件だらけの安く見える料金だけを大きく提示するようなへたな小細工はありません。


データ容量がオーバーしてしまった場合は、低速通信になりますが、データ容量の追加をすることで元のスピードで通信できるようになります。
データ容量の追加は1GBあたり250円。
さらに、音声通話に関しても、70分超過後はデフォルトで他社の半額(30秒11円)となっています。
他社がよくやる別途通話アプリから電話すると通話料が半額になるアプリがありますが、日本通信SIMは別途通話アプリをインストールしなくてもデフォルトで半額になるのが特徴です。

日本通信SIMを申し込む方は、ほとんどが合理的20GBプランだね。





合理的かけほプラン

合理的かけほプランは月3GBのデータ通信と完全かけ放題のセットが月額\2,728(税込)で提供されています。
こちらのプランはデータ通信に関しては従量制となっていて、3GBを超えると自動的に1GBずつ増えていきます。(最大30GBまで)
3GBを超過した場合は、月額料金が1GBあたり275円ずつ増えていきます。
どちらかというと、データ通信より通話をよくする人向けのプランかなと思います。

データ通信を使いすぎると、結構金額が高くなりますね。

そうなんだ。
だから日本通信SIMでは従量制プランのみ、データ利用料の上限を自分で設定できるんだ。

上限が決まっているなら、高額請求にならずに済みますね

ちなみに上限を超えた分に関しては、低速通信になるぞ!




Wスマートプラン

料金表には出していませんが、Wスマートプランというのもあります。

月3GBのデータ通信と合計70分のかけ放題のセットが月額\1,738(税込)で提供されています。
「合理的20GBプラン」と「合理的かけほプラン」のかけ合わせた様なプランです。

データ通信に関しては「合理的かけほプラン」と同じ従量制となっていて、3GBを超えると自動的に1GBずつ増えていきます。(最大30GBまで)

データ通信も音声通話もほとんどしないけど、ちょっとは使うなぁ~って方に最適なプランだね!!




◆結局どちらのプランを選べばいい?

2つのプランからどちらを選ぶかは、以下の基準で決めましょう。

・月に70分以上電話をする人は「合理的かけほプラン」
・月に70分も電話しない人は「合理的20GBプラン」
・月に70分も電話しないし、データ通信もあまりしない人は「Wスマートプラン」


電話はLINEの無料通話でOKって人は、「合理的かけほプラン」で決まりだねww

■日本通信SIMの特徴②~通信速度~

日本通信SIMはドコモ回線のみです。
※b-mobileはソフトバンク回線もあります。

日本通信SIMの通信速度は口コミを見る限り、「速い・快適」という声が多いです。
おおむね平均で10Mbps~19Mbps程度、良い時で100Mbpsくらい出ることもあるようです。

ただ、通信スピードについては、場所と時間帯が大きく関係するので、一概には言えませんが、格安SIMの平均的な速度は出るようです。


10Mbps以上出ていれば、動画もサクサク見れるので、普通に使う分には問題ないですね。

■日本通信SIMと大手キャリアの格安プランを比較

やはりahamo、povo、LINEMOのキャリアの格安プランも気になるところ。
そこでIIJmioと各キャリアの格安プランを比較してみました。

日本通信SIM
(b-mobile)
Rakuten
Mobile
ahamo
[ドコモ]
povo
[au]
LINEMO
[Softbank]
キャリア区分 MVNO MNO MNO MNO MNO
月額料金 1GB ¥2,178 無料 ¥2,970 ¥2,695 ¥2,695
2GB ¥1,078
4GB ¥2,178
20GB ¥2,178
無制限 - ¥3,278 - - -
回線 docomo
(Softbank)
Rakuten docomo au Softbank
国内かけ放題 月70分かけ放題 かけ放題 5分かけ放題 オプション オプション
通話料金 月70分超過後
\11/30秒
\22/30秒
RakutenLink使用時は無料
5分超過後
\22/30秒
\22/30秒 \22/30秒
テザリング料金 無料 無料 無料 無料 無料
データチャージ料金 \275/1GB \550/1GB \550/1GB \550/1GB
契約手数料 ¥3,300 無料 無料 無料 無料
契約解除手数料 無料 無料 無料 無料 無料
カウントフリー なし なし なし なし LINEのみ
低速時の速度 200Kbps 最高1Mbps 最高1Mbps 最高1Mbps 最高1Mbps
データ使い放題 × 無制限 × 550円/日 ×
キャリアメール × 2021年夏頃提供予定 提供予定 提供予定 提供予定
5Gの対応有無 × 2021年夏頃提供予定
eSIM 検討中 対応予定
契約手続き WEB WEB・店舗 WEB WEB WEB
サポート WEB WEB・店舗・チャット WEB・チャット WEB・チャット WEB・チャット
MNP転出手数料 ¥3,300 無料 無料 無料 無料
特徴的なサービス 月70分の無料通話 無制限データ通信
通話料無料
docomoの家族割対象 LINEのみカウントフリー

Rakutenモバイルとは値段が拮抗しているイメージです。

ahamo、povo、LINEMOとは600円~900円の差があります。
でも、音声通話をすることを考えると、70分かけ放題がある日本通信SIMはかなり安いです。

ahamo、povo、LINEMOの通話料で算出すると\3,080分の通話ができる計算です。

データ通信が従量制ですが、完全かけ放題プランもあるので、通話をよくする方は日本通信SIMはお得です。

MM総研の調査によるとスマホの月間データ使用量は1人平均約7GBで、スマホ利用者の8割の人が7GB以下結果が出ているぞ!

そう考えると、従量制の「合理的かけほプラン」もありかな?

■いかがでしたか?

日本通信SIMはとにかく、データ通信と音声通話のバランスが取れた格安SIMです。
格安SIM初心者の方にはオススメできますね。


ソーシャル・シェア
スマートフォン