【2019/10最新版】CMで話題なY!mobileとは?契約・MNP前に知っておきたいワイモバイルまとめ。

ソフトバンクのサブブランド(MVNO)にあたるワイモバイル。
乗換(MNP)でスマホ代が安くなるか?
奇抜なCMで話題なワイモバイルの実力や選ばれるポイントなどワイモバイルの情報をまとめてみました。


格安スマホといえばY!mobile

Y!mobileは、携帯電話サービスを行っていたイー・モバイルが、PHSサービスのウィルコムを吸収場合併し、Y!mobileブランドとなって生まれたという経緯があります。

現在は大手キャリアのソフトバンクのサブブランドとして、格安スマホの筆頭と言ってもよい人気の格安スマホとなりました。

格安スマホが登場した際、店舗を持たず、ほぼすべてがネットによる申し込みで加入し、操作方法や疑問点はカスタマーサービスに尋ねる方法によって人件費を抑えるのが、料金を安くするための最大の要因でした。

ところがY!mobileはウィルコムの店舗を使い、店頭で契約できる唯一の格安スマホとなったことで異色の存在と捉えられたのです。

また、最近ではソフトバンクと合同でショップを展開しておりショップの数は格段に増えています。

格安スマホでありながら店頭で機種を手に取り、操作方法を教われることから、格安スマホならY!mobileというイメージが定着し、一気に格安スマホのトップに躍り出たと言ってよいでしょう。

Y!mobileの料金プランとは

Y!mobileの料金プランの特徴は、通話もネットもコミコミというキャッチコピーからもわかるように、毎月の料金が非常にわかりやすい設定になっていることです。

フィーチャーフォンのころから、携帯電話の料金プランはわかりにくいという声がありましたが、スマートフォンになってからはさらにわかりにくくなり、若者がスマートフォンに乗り換えていく一方で、従来の携帯電話を使い続ける人との割合はほぼ半々だったのです。

これを一気に変えたのが、Y!mobileの通話もネットもコミコミの料金プランだったと言っても過言ではありません。

キャリア各社も安い料金を前面に打ち出しているため、キャリアと格安スマホに違いがなさそうに見えてしまいがちですが、あくまでも最低料金で利用可能な使い方をした場合にこの金額になるということは、大々的には言っていません。

そのため、利用してみたら高い請求額がきて、話が違うというケースがとりわけ高齢者に続出したのです。

その点、Y!mobileは料金プランのわかりやすさによって、一気に格安スマホへの乗り換えを加速させたと言えます。

サービス内容も充実

Y!mobileの家族割に加入して家族全員で持つと、親回線に子回線がくっつく形となり、子回線のスマートフォンは月額利用料が毎月500円割引されます。

さらにまだフィーチャーフォンサービスを提供しているので、離れて住む親との連絡にガラケーを持たせた場合、なんと月額利用料は0円という驚きの太っ腹です。

親となる主回線にさらに9つの子回線をつなげますので、両親や祖父母にフィーチャーフォンを使ってもらえばみんなまとめて家族割になり、料金いらずで済みます。

さらに「新規割」を使えば契約後6ヶ月間は「500円割引き」になり、家族割引を含めると合計で「1,000円割引き」になります。

大手キャリアを含め、格安スマホ会社のほとんどが無料通話を付けていますが、たいてい5分なのに対してY!mobileは10分と、倍の時間となっています。

これならちょっとした予約や簡単に済む通話なら、10分あれば余裕で話せるでしょう。

5分となると時間が気になりますが、10分ならたいていの用事が済ませられそうで、めったに通話することがない人にこそ嬉しいサービスと言えそうです。

キャラクターも人気

料金プランはもちろんですが、いつもなんだか不満がありそうなキャラの猫、その名もふてニャンが大人気です。

コマーシャルに登場するタレントさんなど、イメージキャラクターも見逃せない要素となっています。

とはいえやはり格安スマホなのに店舗があり、安いのに安心という、これまでの格安スマホになかった条件を満たしているところが、人気の最大の理由なのは確かです。

公式サイトこちら


ソーシャル・シェア
新着情報
スマートフォン