【2021年最新版】LINEMO(オンライン専用料金プラン)の情報、料金プランを他社と比較しながら解説

大手キャリアが相次いで発表したオンライン専用料金プラン(ブランド)。
1番乗りでソフトバンクが2021年3月17日に「LINEMO(ラインモ)」の提供を開始しました。
低料金が魅力のソフトバンクのLINEMO(オンライン専用料金プラン)ですが、注意点も多いく、おススメできる人、できない人がはっきり分かれるプランです。
LINEMOに変更したものの、「こんな落とし穴があるなんて知らなかった」なんて後悔しないためにも、LINEMOを徹底解説しちゃいます。


ソフトバンクが[LINEMO]を開始しましたね!

そうだね。
ソフトバンクが2021年3月17日からオンライン専用料金プランの[LINEMO]をサービスインしたんだ!

正直、オンライン専用料金プランって言われてもピンってきません。
安いのは分かるのですが…
他のプランと何が違うんですか??

オンライン専用だから、今までのキャリアのプランとは勝手が違うんだ。
どちらかというと、格安SIMのサービス内容に近いかな?

もう少し詳しく教えてもらっても良いですか?

それじゃ、キャリア初のオンライン専用料金プラン『LINEMO』について解説しよう!

■ソフトバンクのオンライン専用料金プラン「LINEMO」とは?

2021年3月17日にソフトバンクから新しいオンライン専用料金プラン『LINEMO(ラインモ)』がスタートとなりました。

オンライン専用料金プランという事で、申し込みからサポートに至るまで全てをオンラインにすることで、人件費等が省かれ、安い料金プランが提供できています。

同じようにドコモの『ahamo』(アハモ)、auの『povo』(ポヴォ)、楽天モバイルの『Rakuten UN-LIMIT VI』と、各社次々と新プランや新ブランドを発表しています。

まさに業界再編成に近いような、衝撃的な内容でした。

また、『LINEMO』と『LINEモバイル(ラインモバイル)』ってCMも同じだし、何が違うの?」と疑問に思う人もいるのではないでしょうか。
簡単に言うと、『LINEモバイル』はMVNO(格安SIM)の通信事業者で、『LINEMO』はソフトバンクのブランドの1つです。

もともとLINEモバイルは株式会社LINEとソフトバンクの共同子会社のサービスでした。
そのLINEモバイルをソフトバンクがを吸収合併して、ソフトバンクの新ブランドとして形を変え「LINEMO」となりました。
LINEMOはLINEモバイルの後継と位置づけられるものの、サービスなどは異なるものだということを覚えておきましょう。

LINEモバイルの今後

LINEモバイルは店頭では2021年2月28日、オンラインでは2021年3月31日11時で新規受付を終了しました。

既にLINEモバイルを利用しているユーザは、引き続きLINEモバイルを継続利用できます。



ソフトバンクとしては
  • 大容量プラン・・・ソフトバンク
  • 小・中容量…Y!mobile
  • オンライン専用・・・LINEMO
で切り分けているようです。

MM総研の調査によるとスマホの月間データ使用量は1人平均約7GBで、スマホ利用者の8割の人が7GB以下という結果が出ています。

通信容量だけで見た場合、ほとんどの方が大容量のソフトバンクプランよりもY!mobileやLINEMOの方が向いています。
ブランドが違うだけで、すべてソフトバンク株式会社が提供しているので、通信速度も回線品質も全て同じです。

自分の使用方法に合わせてブランドを選択するのが一番だぞ!

■「LINEMO」の魅力①~料金プラン~

『LINEMO』最大の特徴は安さと分かりやすさ。
データ容量が20GBのプランのみで、今までのソフトバンクのプランの様な条件付きの割引や複雑な料金体系などはありません。

更に『LINEMO』は他社と違い【LINEギガフリー】というサービスが標準でついています。
これはLINEのトークや音声通話・ビデオ通話などで消費するデータ容量は20GBには含まれません。
LINE使用に限りますがデータ容量を気にせず無制限に使うことができます。


※新たに3GBの「ミニプラン」の申込が開始されました。

『LINEMO』料金表

LINEMO SoftBank 3GB ¥990
LINEMO SoftBank 20GB ¥2,728
 

キャリアの料金プランとしては破格のデータ通信量3GBを月額990円、20GBを月額2,728円で利用することができます。
もちろんソフトバンクの純正な料金プランなので、安定性の高い通信をリーズナブルな料金で利用できるのは大きな魅力です。

LINEMOでは月のデータ容量として設けられた20GBの通信量を超過してしまうと通信制限がかけられますが、他社が最大300Mbpsなどとかなり速度が抑えられる中、最大1Mbpsまでしか速度が制限されません。
※(3GBのミニプランは最大300Mbpsになっています。)

1Mbpsという速度は、WEB閲覧や標準画質(720p程度)での動画再生などの一般的なコンテンツの利用には支障がないレベルの速度です。
20GB以上のデータ通信を行ってしまったとしても通信制限が厳しくないため、通信量を気にし過ぎずに快適に利用できるのも特徴です。

また、LINEMOでは対応スマホ・対応エリアであれば無料で5G通信の利用が可能なので、追加料金なしで超高速・超低遅延の通信を利用できます。
※5Gのエリアは2021年時点では限定的でほとんど利用する事ができないです。

ちょっと専門的な話ですが、5Gの超高速・超低遅延の通信はSub6と呼ばれるの『3.7GHz帯』と『4.5GHz帯』、ミリ波帯の『28GHz帯』でないとできないんだ。
ソフトバンクは現在4Gで使っている700Mhz~3.4GHz帯の周波数を5Gに転用する予定なので、通信速度は4Gとあまり変わりないみたい。
本当の意味で5Gの恩恵を受けられる人は巷で騒いでいる割には圧倒的に少ないぞ。

スマホに『5G』って表示されても、『4G』並みのスピードしか出ないのは、掴んでいる無線の周波数の問題なんですね!

そういう事です。
こういうのを業界では『なんちゃって5G』って呼んでます。

◆通話料金・通話オプション

『LINEMO』の通話料金は、「30秒につき22円」となっています。
頻繁に通話を利用する人は、定額の通話オプションに加入するのがおすすめです。
1回の通話ごとの利用時間に合わせて、2つのオプションから自分に合ったものを選択することができます。

  • 通話準定額
    通話準定額は月額550円でオプションに加入することで、通話ごとの最初の5分以内の国内通話を無料で利用できる通話オプションです。
    1回の通話時間が短く、1ヶ月で合計13回以上通話する人は、こちらのオプションを追加するとお得に通話を利用できます。
  • 通話定額
    通話定額は、月額1,650円でオプションに加入することで国内通話を完全かけ放題で利用できる通話オプションです。
    1回の通話時間が長く、1ヶ月で合計38分以上通話する人は、こちらのオプションを追加するとお得に通話を利用できます。
通話オプション割引キャンペーン

申し込みから1年間は通話オプションが月額550円割引きになります。
なので、通話準定額を1年間無料で使うことができます。
少しでも通話を利用する可能性がある人は通話オプションに加入するのがおすすめです。
もちろん、通話定額の通話オプションも550円割引きの月額1,650円になります。


■「LINEMO」の魅力②~LINE使いたい放題~

『LINEMO』の他社と違う特徴がこの「LINEギガフリー」です。

LINEは、今ではなんと国内で8,600万人以上が利用しているツールであり、連絡手段の基盤ともなっています。
実はLINEトーク(メッセージ)だけではなく、LINE無料通話やビデオ通話などはデータ通信が発生しています。

LINEギガフリーとは、LINEでのトークや通話に掛かる通信量がカウントされず、LINEが使い放題になるサービスです。
トークではあまり通信量は掛かりませんが、LINE無料通話やビデオ通話をするとなると、かなりの通信量が必要となるので、LINEを通しての無料通話を頻繁に利用する人にはLINEMOは特におすすめです。

ただし、LINEのアプリ内のツールにも一部カウントフリーの対象外となるサービスもあるので注意しましょう。

LINEギガフリー対象・非対象のサービスは以下の通りです。
◆「LINEスタンププレミアム」が無料で利用できる!?
2021年夏より、700万種類以上のLINEスタンプが使い放題となる「LINEスタンププレミアム」が無料で利用できるサービスの提供も予定されています。
現在はLINEスタンププレミアムを加入中の方に、LINEポイント240ポイントがプレゼントされる特典が設けられています。
今までLINEスタンプを購入していたという人は費用を削減できますし、それ以外の人もLINEを利用する中でスタンプを使う機会はあると思うので、提供開始次第こちらも利用してみてください。
※3GBのミニプランでは対象外です。

■『LINEMO』と『ahamo(ドコモ)』、『povo(au)』と比較してみた

ソフトバンクが新料金プランとして「LINEMO(ラインモ)」を提供すると同時期に、ドコモは「ahamo(アハモ)」、KDDI(au)は「povo(ポヴォ)」と、他キャリアも格安の新プランの提供しています。

3キャリア新料金プランの違いについては以下の表にまとめました。

  LINEMO
[Softbank]
ahamo
[ドコモ]
povo
[au]
キャリア区分 MNO MNO MNO
月額料金 3GB ¥990 - -
20GB ¥2,728 ¥2,970 ¥2,728
回線 Softbank docomo au
国内かけ放題 オプション 5分かけ放題 オプション
通話料金 \22/30秒 5分超過後
\22/30秒
\22/30秒
テザリング料金 無料 無料 無料
データチャージ料金 \550/1GB \550/1GB \550/1GB
契約手数料 無料 無料 無料
契約解除手数料 無料 無料 無料
カウントフリー LINEのみ なし なし
低速時の速度 最高1Mbps 最高1Mbps 最高1Mbps
データ使い放題 × × 550円/日
キャリアメール 提供予定 提供予定 提供予定
5Gの対応有無 2021年夏頃提供予定
eSIM 検討中 対応予定
契約手続き WEB WEB WEB
サポート WEB・LINE WEB・チャット WEB・チャット
MNP転出手数料 無料 無料 無料
特徴的なサービス LINEのみカウントフリー docomoの家族割対象  


他のキャリアより『LINEMO』がオススメなのは

  • 基本料金が一番安い
    3社の基本使用料を比較すると、LINEMOは最低価格である月額2,728円となっています。
    ※通話オプションを付けると『ahamo』の方が安いですが、『LINEMO』は1年間はオプション料が無料です。
     申し込みから1年間であれば、3社の中で一番安くなります。

  • LINEのトークや通話を頻繁に利用する人
    やはりLINEMOの大きな特徴はLINEの通信量がカウントフリーになる「LINEギガフリー」です。
    日常的にLINEでのトークや音声・ビデオ通話を頻繁に利用する人は、データ通信量無制限でLINE使い放題の『LINEMO』がおすすめです。

  • eSIM端末を使いたい人
    3社のeSIMへの対応を比較すると、サービス提供開始時点でeSIM端末に対応しているのはLINEMOのみです。
    eSIMはSIMカードの交換不要で、遠隔でSIMの情報を書き換えることができ、契約からなんと最短1時間で利用を開始できる次世代のSIMとなっています。
    既にeSIM対応端末を所持しており、それを用いて乗り換えたいという人には、現在3社の中で唯一eSIMに対応しているLINEMOがおすすめです。
    『実はiPhoneもXR以降であればeSIMに対応しています。』

■『LINEMO』と『Y!mobile』、『UQMobile』、『Rakuten Mobile』と比較してみた

今度は同じソフトバンクの別ブランドの『Y!mobile』と同価格帯の『UQMobile』、『Rakuten Mobile』で比較してみました。

  LINEMO
[Softbank]
Rakuten
Mobile
Y!mobile UQ
mobile
キャリア区分 MNO MNO MVNO MVNO
月額料金 1GB ¥990 無料 ¥2,178 ¥1,628
3GB ¥1,078
15GB ¥2,728 ¥2,178 ¥3,278 ¥2,728
20GB ¥4,158 ¥3,828
25GB - ¥3,278
無制限 - -
回線 Softbank Rakuten Softbank au
国内かけ放題 オプション かけ放題 オプション オプション
通話料金 \22/30秒 \22/30秒
RakutenLink使用時は無料
\22/30秒 \22/30秒
テザリング料金 無料 無料 無料 無料
データチャージ料金 \550/1GB \550/500MB \220/100MB
\550/500MB
契約手数料 無料 無料 ¥3,300 ¥3,300
契約解除手数料 無料 無料 ¥3,300 無料
カウントフリー LINEのみ なし なし なし
低速時の速度 最高1Mbps 最高1Mbps 最高1Mbps 最高1Mbps
データ使い放題 × 無制限 × ×
キャリアメール 提供予定 2021年夏頃提供予定
5Gの対応有無 2021年夏頃提供予定
eSIM × ×
契約手続き WEB WEB・店舗 WEB・店舗 WEB・店舗
サポート WEB・LINE WEB・店舗・チャット WEB・店舗 WEB・店舗
MNP転出手数料 無料 無料 無料 無料
特徴的なサービス LINEのみカウントフリー 無制限データ通信
通話料無料
  データ繰り越し


『Y!mobile』、『UQMobile』、『Rakuten Mobile』より『LINEMO』がオススメなのは
  • 毎月の使っている通信容量が3GB~20GBの人
    純粋な料金だけで見ると『Rakuten Mobile』が一番安いですが、まだ基地局などが充実していない(特に地方)ので、メインで使うのには心もとないです。

    LINEMOはデータ容量が20GBの1つのプランしか設けておらず、シンプルで分かりやすいのが特徴です。
    そのため、LINEMOはこの中容量(20GB)のデータ通信量が利用スタイルに合っている人を対象としています。
    20GBというのは、毎日2時間YouTubeを視聴できる程度のデータ通信量です。

    『LINEMO』と『Y!mobile』、『UQMobile』の15GBがほぼ同じ料金帯なので、
    毎月の通信料に応じて、以下の様にするとお得感がでます。

  • LINEのトークや通話を頻繁に利用する人
    何度も言いますが、LINE使い放題の「LINEギガフリー」は、LINEMO独自のサービスであり大きな魅力です。
    LINEの利用と言っても、トーク利用時にはあまり通信量はかかりませんが、音声通話・ビデオ通話を利用するとかなり多くの通信量を消費します。
    頻繁にLINEでの通話を利用するという人には特にLINEMOがおすすめです。

  • オンラインでの契約・サポートのみでも不便を感じない人
    契約方法・サポートを比較すると、『Y!mobile』、『UQMobile』、『Rakuten Mobile』は実店舗や電話での契約・サポート対応が可能なのに対し、『LINEMO』は公式サイトや公式LINEなどのオンライン対応のみです。
    実際にスタッフの方に相談したり万が一の際に対応して欲しいという人は『Y!mobile』、『UQMobile』、『Rakuten Mobile』を契約すると良いでしょう。
    申し込みからサポートまでオンライン上でいつでもどこでも行えることをメリットに感じられる人にはLINEMOがおすすめです。



■『LINEMO』のメリット・デメリットまとめ

20GBでLINEギガフリー付きで「月額2,728円」で利用できるのはやはり素晴らしいです。
但し、全てがオンラインなので、「万人が満足できるか?」といったら、答えは「ノー」です。

ソフトバンクの新料金プラン「LINEMO(ラインモ)」について、メリットとデメリットをそれぞれまとめました。

メリット

  • 小容量プラン(3GB)、中容量プラン(20GB)を割安で利用できる
  • 「LINEギガフリー」でLINEのトーク・通話が使い放題
  • ソフトバンク自社回線で安定した高速通信が利用可能
  • 「通話オプション割引キャンペーン」で1年間は5分以内の国内通話が無料(550円割引き)
  • 通信制限時の通信速度が1Mbpsに保たれる
  • eSIM端末の利用可能
  • 2021年4月以降キャリア決済対応可
  • 契約手数料や違約金などの諸手数料が一切掛からない
  • ソフトバンク・ワイモバイルからの乗り換えの場合手数料なし



デメリット

  • 実店舗でのサポートがない
  • キャリアメールの使用不可
  • Apple Watchの単体利用不可
  • 家族割などの割引が適用されない
  • SIMカードと端末セット購入できるプランがない


このように、LINEMOには実店舗でのサポートが受けられない、キャリアメールが使えない、家族割などの各種割引が適用されないなどのいくつかのデメリットは存在します。
特にオンラインによるサポートはあるものの、実店舗でのサポートが受けられないので、初期設定やトラブルが起きた場合など自分で解決する必要があります。
正直、今までショップのスタッフに全てやってもらっていた方は敷居が高いかもしれません。

初期設定も説明書通りにやればOKだし、実際にやってみると簡単だったりするので、これを機に少し勉強してみるのもいいですね!

それでも、ソフトバンクの自社回線を用いた高品質の通信を、20GBの中容量プランが2,728円という格安料金で利用できる『LINEMO』はソフトバンクなどの他ブランドや格安SIMに比べてかなり大きなメリットを持っています。


ソーシャル・シェア
スマートフォン