カウントフリーとは?格安SIMのカウントフリーがすごいことになっている!!

格安SIMの専売特許とも言われるカウントフリーについて、よくわからない人も多いのではないかと思います。ここではカウントフリーがなんなのか?どんなメリットがあるのかを詳しく解説します。


カウントフリーとは?

カウントフリーとは、特定のサービスに掛かる通信料を無制限、または割引くオプションサービスです。

たとえば、ツイッターやフェイスブックがカウントフリーの対象サービスであれば、そのサービスの通信はプランで契約している通信量からは引かれず、無制限で通信を行えます。

たとえ、プランの通信量を使い果たして、低速通信になっている場合でも、対象サービスは高速通信(LTE)で行うことができます。(無制限の場合のみ)

こういったサービスの事を「カウントフリー※」と呼びます。


※「ゼロ・レーティング」と呼ばれることもあります。

カウントフリーの対象サービス

カウントフリーの対象サービスは各格安SIM業者によって違います。

YouTubuやfuluなどの動画サービスのみが対象であったり、ツイッターやフェイスブック、LINEが対象であったり、ソーシャルゲームが対象の格安SIM業者もあります。

カウントフリーの落とし穴

パッと見は素晴らしいサービスにも思えるカウントフリーですが、落とし穴もあります。

カウントフリーを使う場合、特定の通信だけは別の帯域で通信を行う業者もあります。
分かりやすく例えると、通常のデータ通信は「道路A」で通信を行い、カウントフリーのデータ通信は「道路B」で通信を行います。
こうやって、カウントするデータを分けているのですが、「道路A」は高速道路で、「道路B」は一般道路と言うような制限をかけている業者もあるということです。
もちろん、すべての業者がこういった制限をしているわけではありませんが、こういった制限をかけている業者も存在します。


またカウントフリーに対して下記のような制限を与える格安SIMもあります。

エンタメフリー機能(※カウントフリー)を利用して長時間の通信を行った場合に、本機能を制限する場合があります。また、ネットワーク混雑回避のために直近3日間(当日を除く)に、ご利用の通信量が合計で6GB以上の場合、通信速度を終日制限させていただく場合があります。制限速度は混雑状況に応じて変動します。

引用:BIGLOBE SIM


このように、使いすぎると速度制限をかけられるなど、カウントフリーだから、安心・快適というわけではないのです。


とは言っても、上手に使えば、データ容量が少ないプランでも、もっと通信料を削減できるかもしれないので、

・特定のサービスを毎日の様に利用する。
・多少、通信が遅くなっても構わない

この2つに該当する方は、カウントフリーがある格安SIM業者を選ぶと良いと思います。

カウントフリーが選べる格安SIM

LINEモバイル LINE、Instagram、Facebook、Twitter
LINE MUSIC
DTI SIM Twitter
YouTubu
マイナビ、radiko.jp
Links Mate Instagram
AbemaTV、AWA
提携ゲームアプリ
DMM mobile LINE、Instagram、Facebook、Twitter
AbemaTV
BIGLOBE SIM AWA、GooglePlayMusic、AppleMusic
Spotify、 radiko.jp、Amazon Music、 YouTube Kids

ソーシャル・シェア
スマートフォン