知らなきゃ損!!ついに第4の携帯事業者・楽天モバイルの全容が明らかに!事前申込も開始!

最終更新日:2020/03/04


2020年4月8日・MNO版楽天モバイル本格始動。

楽天モバイルは4月より開始する4G LTE携帯電話の商用サービスの料金を発表しました。
4月8日より正式サービスを開始します。

新規契約のみ、3月3日16時よりから先行申込を受付開始。(楽天モバイル店舗では3月4日から)

MNPで楽天に転入する他社ユーザーと、楽天モバイルのMVNOユーザーの移行については「正式開始」となる正式サービスとなる4月8日からとなります。

そのMNO版楽天モバイルの全容を紹介したいと思います。

料金プランは月2980円のデータ使用量の無制限プランのみ!さらに300万名が1年間無料に!

まず、気になる料金プランですが、料金プランは国内かけ放題・データ無制限で月2,980円の「Rakuten UN-LIMIT」プラン1種類のみの提供になります。

驚くべきことに、「国内かけ放題」と「データ無制限」で月2,980円になります。
もはや、格安SIMを凌ぐ安さとなっています。

これには、ドコモやau、ソフトバンクといった携帯事業者だけでなく、格安SIM(MVNO)事業者も戦々恐々しているのではないでしょうか?

「国内かけ放題」はスマホへも固定電話へかけても無料ですが、「Rakuten Linkアプリ」が必要になります。
このアプリを使って通話することで無料になるようです。
※普通に電話した場合は30秒20円。

さらに驚くべきことに、300万名を対象に1年無料(2980円引き)で提供されるとの事。

契約時に事務手数料が3,300円(税込)かかりますが、同額相当の楽天ポイントで還元するとのことです。

また、ウェブからの申し込みの場合は、さらに楽天ポイントが3,000ポイントプレゼントされます。

契約して気に入らなければ、解約しても違約金は発生しないとの事。

これはもう、契約するしかないでしょ?
料金プランは月2980円のデータ使用量の無制限プランのみ!さらに300万名が1年間無料に!

海外から日本への通話も指定の66の国と地域であれば無料!

RakutenLinkを利用した海外から日本への通話も指定の66の国と地域であれば無料になるとの事。
それ以外の国と地域からの場合は国・地域別従量課金となります。

■海外指定66の国と地域
アイスランド、アイルランド、アメリカ(ハワイ)、アメリカ本土、アンドラ、イギリス、イタリア、インド、インドネシア、エストニア、オーストラリア、オーストリア、オランダ、カナダ、カンボジア、韓国、キプロス、ギリシャ、グアドループ、グアム、クロアチア、サンピエール・ミクロン島、ジブラルタル、シンガポール、スイス、スウェーデン、スペイン、スロバキア、スロベニア、タイ、台湾、チェコ共和国、中国、デンマーク、ドイツ、トルコ、ニュージーランド、ノルウェー、ハンガリー、フィリピン、フィンランド、ブラジル、フランス、フランス領ギアナ、ブルガリア、ベトナム、ペルー、ベルギー、ポーランド、ポルトガル、香港、マカオ、マルタ、マルティニーク、マレーシア、南アフリカ、ミャンマー、メキシコ、モロッコ、ラトビア、リトアニア、リヒテンシュタイン、ルーマニア、ルクセンブルク、レユニオン、ロシア

MNO版楽天モバイルのメリット

MNO版楽天モバイルのメリットをまとめてみました。

・月額料金が2,980円でデータ無制限
・「Rakuten Link」アプリを使った通話はかけ放題
・300万名を対象に1年無料(2980円引き)
・契約時にかかる事務手数料3,300円(税込)は同額相当の楽天ポイントで還元
・ウェブからの申し込みで、楽天ポイント3,000円をプレゼント
・海外から日本への通話も「Rakuten Link」アプリを使えば無料(66の国と地域に限る)
・解約時の違約金は発生しない。

MNO版楽天モバイルのメリット

では、デメリットはないの?

これだけ大盤振舞いの楽天モバイルですが、もちろんデメリットもあります。

・楽天回線のエリアが阪東名のみで狭い。
楽天回線のエリアは基本的には東京23区と名古屋市、大阪府、神戸市だけになります。
それ以外のエリアはau回線を使って通信することになります。


・データ無制限は楽天回線で通信している時だけ。
楽天回線のエリア外でau回線を使って通信している場合は2GB/月になります。
楽天モバイルは2021年3月までに全国にエリアを拡大すると言ってますが、サービス開始直後は東京23区と名古屋市、大阪府、神戸市のユーザだけメリットを感じられそうです。


・「Rakuten Link」アプリを使わない通話は従量課金
国内かけ放題となっていますが、「Rakuten Link」を使った場合のみ。
Rakuten Linkアプリを利用せず、スマートフォンの「電話」アプリなどから電話をかけた場合は、他のキャリアと同水準の30秒あたり20円の従量制課金となります。また、国際通話では国や地域別の料金が適用され、海外での着信応答はできません。Linkアプリ経由ではない、契約電話番号でのSMS送受信は70文字あたり3円。国際SMSは送信のみ対応で70文字あたり100円となっています。
とは言え、「Rakuten Link」アプリをダウンロードして使えば良いだけですから、そこまでのデメリットではなさそうです。


・対応端末が少ない。
楽天モバイルの自社回線でフルサービスが享受できるスマートフォンは、Rakuten Linkの対応機種に限定されています。
iPhoneも現段階では非対応となっています。
その他のAndroidスマートフォンでも、使用できる端末は限られています。
他キャリアのユーザーが楽天のサービスを利用する場合、ほとんどのケースでスマホを買い替える必要が生じます。

なお、楽天では自社回線サービスの対応製品を「全機種SIMロックフリーで販売する」と表明。楽天モバイルを利用しなくなった場合も乗り換え先の携帯キャリアで使えるとアピールしています。

でも、前向きに考えると…

これだけデメリットもありますが、それでも以下のメリットは大きいです。

・通話無料とデータ通信無制限
・「契約手数料」のポイント返還で実質無料。
・1年間、基本使用料無料。
・解約時の違約金無し。
・エリアを急速拡大中。

ほぼ、1年間は無料で使うことができます。
使いにくかったり、1年後もエリアが対象外の場合は解約しても違約金は発生しないので、とりあえず、契約するのも良いかも。

ということで、筆者も早速申し込んでみました。

正式サービスが開始したら、使用感をレビューしたいと思います。


ソーシャル・シェア
新着情報
スマートフォン