「iPhone 11」は購入場所で値段が違う!どこで買うのがお得なのか?

最終更新日:2019/09/15


「iPhone 11」はどこで買うかによって値段が違うぞ!!

いよいよ9/20に「iPhone 11」が発売される。

発売日に確実に手に入れたい方は予約購入するのが良いが、どこで買ったら良いか迷う方も多いはず。
契約回線がキャリア(ドコモ、au、ソフトバンク)の方もキャリアからの購入しかないと思ったら大間違いだ!

また、格安SIMの方も購入はできるので、諦めずに手に入れて頂きたい。

購入先別の価格表

「iPhone 11」はドコモ、au、ソフトバンクの通信キャリアと「Apple Store」で購入することができる。
通信キャリアで購入すると、SIMロックが掛かっているので注意したい。
一方、「Apple Store」で購入するとSIMフリー版の「iPhone」となる。

まずは、購入先別の価格表をご覧いただきたい。

■iPhone 11
■iPhone 11 Pro
■iPhone 11 Pro Max

一括で購入する余裕がある方は「Apple Store」で購入がベスト!

一括で購入する余裕がある方は、今自分が使っている通信キャリアに関係なく、大手キャリアでも格安SIMでも「Apple Store」で購入するのが一番安く買える。
機種によるが、約5000円〜15,000円程度、キャリアに比べて安く購入できる。

さらにメリットとしては、通信キャリアのSIMロックが掛かっていないSIMフリーiPhoneだということ。
キャリア回線でも格安SIM回線でも日本国内全ての回線が利用できる。
また、キャリアに依存するアプリも入っていないクリーンなiPhoneを購入できるのも魅力。

デメリットとしては、初期設定で通信キャリアを自分で選択(場合によってはプロファイルのインストール)しなければいけないが、そう難しい事ではない。

とにかく、一括で購入する余裕がある方は「Apple Store」がベストな選択肢だ。

分割払いで購入する方、特に半額プログラムを使う方はキャリアで購入しよう。

分割払いで購入する方はキャリアで購入しよう。
但し、キャリア購入の場合は、自分が使っている回線のキャリアから購入するようにしましょう。

「ん?何いってるんだ?当り前じゃないか?」

って思った方、10月から法改正で制度が変わります。
確かに、大手キャリア(ドコモ、au、ソフトバンク)で契約している方は契約しているキャリアで購入するのは当たり前ですが、問題は格安SIMを契約している方。

格安SIMを契約している方は今までは「Apple Store」で一括で購入するか、中古端末が出回るまで待たなければなりませんでしたが、10月から法改正で端末の通信回線の分離が始まり、通信契約を行わなくても、キャリアから購入することができるようになります。

但し、キャリア版iPhoneは「SIMロック」が掛かっているので、格安SIMを契約している方は、お使いの回線がどこのキャリアを使用しているか確認し、お使いの回線のキャリアから購入するようにしましょう。

キャリアの半額プログラム

キャリアで分割購入する場合、キャリアの半額プログラムが利用できる。

■docomo

「スマホおかえしプログラム」

本プログラムにご加入いただいたdポイントクラブもしくはドコモビジネスプレミアクラブ会員のお客さまが36回の分割払いで購入された対象機種を当社にご返却いただいた場合に、その翌々月請求分以降の分割支払金(最大12回分)のお支払いを不要とするプログラムです。

まとめると、36回の分割払いで「iPhone 11」を購入して、24回払い、さらにその「iPhone 11」を返却すれば、以降の支払いは免除されるプログラムです。

2年間のレンタルに近い形ですが、所有権は購入者にあるのがレンタルとの違いです。
また、2年以降も使いたい場合は、そのまま分割払いを続けることもできます。



■au

「アップグレードプログラムEX」

対象のスマホご購入時に「アップグレードプログラムEX」にご加入いただき、かつ機種代金を割賦契約(48回)いただくと、24カ月間ご利用後に新たな機種に変更した際に、それまでご利用いただいたスマホの分割支払金残額相当分(最大24カ月分)のお支払いが不要となります。

まとめると、48回の分割払いで「iPhone 11」を購入して、24回払い、さらにその「iPhone 11」を返却すれば、以降の支払いは免除されるプログラムです。

2年間のレンタルに近い形ですが、所有権は購入者にあるのがレンタルとの違いです。
また、2年以降も使いたい場合は、そのまま分割払いを続けることもできます。

また、docomoと違い、プログラム利用料として「月額390円」必要となります。

■ソフトバンク

「半額サポート+」

48回払いで購入し、25ヵ月目以降の買い替え時に旧機種回収で最大24回分の旧機種の分割支払金・賦払金のお支払いが不要になるプログラムです。
月々の機種代金の合計(頭金は対象外)の最大半額が支払い不要となります。

まとめると、48回の分割払いで「iPhone 11」を購入して、24回払い、さらにその「iPhone 11」を返却すれば、以降の支払いは免除されるプログラムです。

2年間のレンタルに近い形ですが、所有権は購入者にあるのがレンタルとの違いです。
また、2年以降も使いたい場合は、そのまま分割払いを続けることもできます。

また、auと同じで、プログラム利用料として「月額390円」必要となります。

また、ソフトバンクで購入する場合で、ソフトバンク回線の格安SIMやY!モバイルを使用する場合は、SIMロックが掛かっていても使用できるか確認してから購入するようにしましょう。



半額プログラムを使う際の注意点

どのキャリアのプログラムも返却する機種に不具合がある場合は20,000円(不課税)のお支払いが必要なので、なるべく丁寧に使用することが必要です。

なんか、自分の物なのに、人も物みたいな感じですね。

結論としては

一括で購入する場合は「Apple Store」の一択。

分割で購入する場合は、使用している回線のキャリアでするのが一番です。

公式サイトはこちら


ソーシャル・シェア
新着情報
スマートフォン