楽天モバイルがDMMから「DMMモバイル」「DMM光」を買収。

最終更新日:2019/07/09


回線契約者数200万人超え!!

楽天モバイルは、DMM.comが運営するMVNO「DMM Mobile」(約24万回線)と光インターネットサービス「DMM光」(約2万回線)を9月1日付けで承継すると発表しました。買収額は約23億円です。

楽天モバイル2019年10月に自前で設備を持つモバイル通信キャリア(MNO)事業をサービス予定。
サービス開始を前にして、顧客規模をさらに拡大することになります。

楽天モバイルでは全国に500店舗の直営店を展開し、MVNOの契約数は180万回線に上ります(5月末時点)。
DMM mobileの約24回線(6月30日時点)を統合すると、買収により楽天モバイルのMVNO契約数は200万回線を超えることになります。

DMM mobileは9月1日より楽天モバイルの運営に代わりますが、ブランドは当面の措置として「DMM mobile」のまま継続するとしています。
料金プランもオプションなどもDMMモバイルの時のままの見込みです。
また、9月1日以降は「DMMポイント」が付与されなくなる代わりに、「楽天スーパーポイント」が利用できるようになる見込みです。

楽天モバイルは2019年10月からMNO事業がスタートしますが、現在の楽天モバイルユーザは料金プランはそのままで、順次MNO回線に移行していくとしていますが、現在のDMM mobileユーザはどうなるのでしょうか。

今後、楽天モバイルから目が離せなくなってきました。

公式サイトはこちら


ソーシャル・シェア
新着情報
スマートフォン