ドコモが新料金プランを発表。料金プランは格安SIMに酷似してます。

最終更新日:2019/04/16


ISP込みの料金になり、通話定額はオプションに

ドコモが新料金プランを発表した。

30GB定額の「ギカホ」
1GB~7GBの段階性料金の「キガライト」

ISP料金なし、音声定額がオプションになったことで、MVNOが提供しているプランに近くなったといえる。

国内通話は30秒あたり20円で利用できる。これもMVNOが提供しているプランと一緒だ。

通話料定額は2つ。
いつでもかけ放題の「かけ放題オプション」は1700円。
最初5分間通話無料オプションは700円で提供される。

「ギガホ」は月額6980円で30GB、超過後は1Mbpsに

月額6980円で30GBのデータ通信が可能で、30GBを超過した後も1Mbpsで通信をできる。

大容量プランはKDDIとソフトバンクも提供しているが、ドコモの吉澤和弘社長は、他社にはない特長として、速度超過後も1Mbpsで使えることを挙げている。

確かに安くはなっているが・・・

やはりお約束の2年縛りがあり、割引も2回線以上でないと付かなかったり、単身で利用するにはちょっと高い印象があります。

逆に家族利用であれば、安く抑える事は出来ますが、割引も当初6ヶ月と少ないです。


やはり、安さを求めるのであれば、格安SIM(格安スマホ)なのでしょうかww

とは言え、以前のドコモに比べれば安くなっています。

ソーシャル・シェア
新着情報
スマートフォン