【2019/10最新版】Y!mobile(ワイモバイル)の料金プラン「スマホベーシックプラン」を解説。さらにドコモの料金プランと比較してみた。

顧客満足度が高いY!mobile。そんなY!mobileの料金プランはどうなってるのでしょうか?
Y!mobileの料金プランや2019/9以前の旧プラン「スマホプラン」との変更点などを詳しく解説します。
また、最後には大手キャリアのドコモの料金プランと比較してみました。


Y!mobileの改正電気通信事業法に準拠した新料金プラン

2019年10月から施行された改正電気通信事業法に準拠した新料金プラン「スマホベーシックプラン」がスタートした。

新料金プラン「スマホベーシックプラン」の紹介や2019/09までの旧料金プラン「スマホプラン」との違いなどを解説します。

「スマホベーシックプラン」の解説

では、「スマホベーシックプラン」の内容を見てみましょう。

スマホベーシックプランS SoftBank 3GB ¥2,680
スマホベーシックプランM SoftBank 9GB ¥3,680
スマホベーシックプランL SoftBank 14GB ¥4,680
 

上記の基本料には1回10分まで無料の「かけ放題」がデフォルトで付いている。

新規や乗換(MNP)で契約した場合は「新規割」として6ヶ月間、毎月700円割引される。
データ増量オプションも2年間無料で利用できる。

データ増量オプションは月額500円を払うことによって、プランに応じてデータ容量が増えるサービスだ。
・プランS:+1GB(合計4GB)
・プランM:+3GB(合計12GB)
・プランR:+3GB(合計17GB)

余ったデータ容量は次月に繰り越せる他、データ容量を使い切った場合も100MB(200円)か500MB(500円)単位で追加することが可能となっています。

但し、直近3日間に合計6GB以上のご利用があった場合は、通信速度が制限されます。
ですが、節約モード(送受信最大300Kbps)ならSNSや音楽など、どれだけ使っても「データ消費ゼロ」に抑えられます。

国内通話は「20円/30秒」となり、SMS送信料は3円〜となっています。

また、2回線以上契約した場合は、「家族割引サービス」が適用になり、2台目以降の基本料が500円/月割引になります。
子回線は9回線まで増やすことができます。

SoftBank光を契約している方は「おうち割 光セット」で全ての回線で基本料が500円/月(プランRの場合は700円)割引になります。
※「おうち割 光セット」は「家族割引サービス」との併用は不可となります。


このプランの最大のウリは改正電気通信事業法に準拠した新料金プランになっていて「2年契約等の期間縛りがない事」です。
期間縛りがないので当然「違約金も発生しない」ということになります。

また、2019年10月からはこの「スマホベーシックプラン」のみ選択可能となります。
旧プランの「スマホプラン」は選択できなくなっています。

また、プランとは関係ないが、スマートフォンの分割払いに「36回払い」も選べるようになりました。
これで、高額なスマートフォンも月の費用を抑えて購入することができます。

旧料金プランからの変更点は?

旧料金プランからの変更点をまとめてみました。

・2年契約を廃止(よって違約金も発生しない。)
・プランLを廃止
・全てのプランでデータ容量が増えた。
・全てのプランの料金が値下げ。

ザっと違いをまとめると、上記の様になります。
2年契約を廃止したのは大きいと思います。これで、いつ解約してもバカ高い違約金を払うことはなくなりました。


旧料金プラン(スマホプラン)から「スマホベーシックプラン」へのプラン変更は以下の条件のいづれか満たしていれば可能となっています。

・ワイモバイルを継続して2年以上ご契約していること
・機種変更と同時に「スマホベーシックプラン」にプラン変更すること

上記の条件を満たしていれば、更新月以外に「スマホベーシックプラン」へ変更しても違約金は発生しません。
要するに2年以上契約しているか、機種変更を行えば、更新月は関係なく、いつでも「スマホベーシックプラン」への変更は出来ますよ。って事です。

「スマホベーシックプラン」に変更した方がお得なのか?

現在、「スマホプラン」を契約している方は、「スマホプベーシックラン」に変更した方がお得なのでしょうか?

結論から言うと、「スマホベーシックプラン」に変更した方がお得になります。

理由としては、プランS〜Rはデータ容量が増えて、基本料が下がっている点です。
単純に値下げになっています。
さらに2年契約が廃止され、違約金も発生しないプランなので、何かの時に解約することがあっても違約金が請求される心配はありません。

但し、現在「プランL」を契約中の方で、データ増量オプションが適用している方はデータ容量が下がってしまうので、「スマホプラン」を継続利用した方がお得な場合があります。
「スマホプラン」を継続利用した場合は2年契約の継続と更新月以外の解約等で違約金が発生してしまいますが、裏技的な使い方になりますが、スマホベーシックプランに変更してから解約することで違約金9,500円が発生しなくなる。
この方法で「スマホプラン」でも、最低2年間契約していれば、違約金が発生しないで解約することができます。

ドコモの料金プランと比較してみた。

大手キャリアのドコモの新プランと比較してみました。

ドコモの料金プランと比較してみた。

データ容量が違うので単純に比較はできませんが、Y!mobileの方が少し安いですが、なんとなく拮抗しているイメージです。
但し、これはあくまでも月額料金で比べた場合です。

今度は「1GB辺り料金」で比較してみましょう。

1GB辺りの料金で比較してみると、14GBまでの通信であれば、Y!mobileの方が3分の1〜半額まで下がっているのが分かると思います。
こういう風に比較してみると、大手キャリアのデータ通信料の高さが分かりますね。

ただ、大容量プランはやはりキャリアに軍配があるようです。

とはいえ、通信スピードも大手キャリアと遜色なく、データ通信料が3分の1〜半額だったら、Y!mobileにしない手はないですね。

公式サイトこちら


ソーシャル・シェア
新着情報
スマートフォン