【2019/10最新版】CMで話題なUQモバイルとは?契約・MNPする前に知っておきたいUQモバイルまとめ

auのサブブランド(MVNO)で格安SIM顧客満足度No.1のUQモバイル。
選ばれるポイントやiPhone・Android端末は使えるか、デメリットや注意点等の契約・乗り換え前に知っておきたい情報まとめました。
※【2019/10】に新料金プランになりましたので、最新の情報をお届けします。


サブブランド・UQモバイルの魅力に迫る

最近深田恭子さんや多部未華子さん、永野芽郁さんの美人姉妹役、さらにはガチャピン・ムックまで登場するCMで話題のUQモバイル、皆さんはきっとすでにご存知のことでしょう。

しかし、UQモバイルについて詳しくご存知の方も少ないでしょう。

今話題のUQモバイルについてご紹介し、日頃の通信費の節約を検討されてはいかがですか。

UQモバイルとは何??

UQモバイルは、UQコミュニケーションズ株式会社が提供している格安SIMサービスです。
KDDI株式会社のグループ会社であることから、同じグループ会社のauの回線を借りてデータ通信や通信サービスが行われています。
また、位置づけ的にはauのサブブランドという位置づけで、厳密には格安SIMではありません。

元々は「UQ WiMAX」(ユーキュー・ワイマックス)という、データ通信専用の基地局を全国展開していて、auとQUモバイルは相互に回線を提供し合っています。



KDDI的には大容量データ通信は「au」、中・小容量データ通信は「UQモバイル」、格安SIM(MVNO)は「BIGLOBEモバイル」という構成で展開しています。



auの回線を使っていれば、電波の届きにくいところでも安心ですし、不自由なく使えそうな気がするのではないでしょうか。
事実、通信速度は「au」とほぼ同等レベルにあるといっても良いです。
サブブランドは通信速度だけとっても、他の格安SIM(MVNO)よりもアドバンテージがあります。

また、格安SIM顧客満足度ランキングなどで1位を獲得しているほどユーザーの満足度が高いサービスが提供されているのがUQモバイルの魅力です。
キャリアと同等の通信速度で、より低価格で満足できるのであればぜひ乗り換えも検討したいところではないでしょうか。

UQモバイルの評判は?UQモバイルが選ばれる魅力的なポイント!

では、なぜそこまでUQモバイルは満足度が高いのでしょうか?

まず2年契約などの縛りがなく、最大3GBプランが「1,980円」の低価格で提供されている点です。
家族割りを適用すれば2台目以降はなんと「1,480円」で利用できます。

2019年9月までの契約は「2年契約の自動更新」で、違約金は「9,500円」になっています。
2019年10月以降の契約は期間の縛りはなく、違約金も発生しません。


■QUモバイルの料金プランについては↓の記事で詳しく説明しています。

そして、何よりも格安SIMの中でもUQモバイルは通信速度が非常に速く、キャリアと比べても遜色がありません。
ほとんどの格安SIMは、お昼の時間帯(12:00〜13:00)になると、極端に通信速度が遅くなりますが、UQモバイルに限っては全く遅くなりません。
近年はスマホも通話以上にネットや動画、SNS、ゲームなどを楽しむ方が増えているためデータ通信はより重要度が高まっています。
サクサク動くUQモバイルならストレスなく快適にスマホを使えるので人気というわけです。

また、UQモバイルはauのサブブランドというだけあり店舗数が他社の格安SIMに比べても多く、サービスが行き届いている面も大きいでしょう。
全国に店舗がありますので、修理の際はキャリア同様気軽に立ち寄って相談できる点がユーザーにとっては安心材料になっているとも言えます。

さらにもう一つうれしいポイントとして、Wi2 300 for UQ mobileという無料公衆無線サービスが提供されており、ユーザーであれば誰でも自由に無料でWi-Fiに接続できるという点です。
全国的にもあらゆる施設で普及していますから、Wi2のマークが付いた施設や店舗であればいつでも使うことができます。
外出先で大量のデータ通信を行う際にもWi-Fiさえあれば、コストもかからずサクサク動かすことができます。

また、格安SIMというとフリーアドレスしか使えないというデメリットがありましたが、UQモバイルは月額200円でメールサービスを付加することができます。
つまり、キャリア同様にUQモバイル専用のメールアドレスを取得できるのです。

最近では「GMail」や「Yahooメール」などのフリーメールを使う機会が多くなっていますが、フリーメールは重要なメールでも迷惑メールに振り分けられてしまう可能性も高く、使いづらい点も多いので、メールアドレスが取得できるのは大きなメリットと言えるでしょう。

■QUモバイルのオプションについては↓の記事で詳しく説明しています。

把握しておきたいデメリット

魅力的なメリットもあればもちろんデメリットもあります。

基本的にプランが少ない点も挙げられます。

UQモバイルの料金プランは、以下の3つしかありません。
・3GBのスマホプランS
・6GBのスマホプランM
・14GBのスマホプランL

こだわりのある方などはもっと細かくプラン設定をしたいと思われる方もいらっしゃるでしょう。
3プランのシンプルなプラン設計ですので、細かいプラン設計を望まれる方には少々向いていないかもしれません。

ただ、裏を返せば逆にシンプルなプランの方がわかりやすく良いという方がいるのも事実です。
わかりやすいシンプルなプランでプランの内容をしっかり理解したうえで契約したい方には良いと思います。

また、契約回線は「au回線」のみとなっています。
UQモバイル自体がKDDIグループでauのサブブランドなので、同然といえば当然ですが…
他のキャリアで購入したスマートフォンがSIMロックや周波数問題で使えないケースもありますので、使用したいスマホやモバイル機器が確実に使えるかは調べた方が無難です。

2019年10月からのプランは「増量オプション」がない。

2019年10月からのプランは「増量オプション」がありません。
ないと言うよりも、新料金プランには「増量オプション」分のデータ量があらかじめが含まれています。
この辺りは、前プランよりも分かりやすくなっています。

「増量オプション」は前料金プラン(おしゃべりプラン)で使用できるオプションで、データチャージ料金から、プランS:1,000円/月、プランM:3,000円/月、プランL:7,000円/月を割り引くサービスです。

どういう事かと言うと、例えばLプランに加入した場合、14GB使い切った段階で一旦低速通信に入ります。
再度、高速通信を行いたい場合は、データ容量をチャージして下さい。
そのチャージ料をプランL:7,000円まで割引きますよ!!
チャージ料は500MBで500円なので、7GBまで無料チャージできます。
といったサービスなのです。

正直、分かりずらいですよね。

この「増量オプション」は、契約時から2年間はオプション料が無料になります。
25ヶ月以降は「増量オプション」を解約しないと、オプション料が500円とられてしまいます。
気が付かない間に、基本料が増えるトリックが2カ所仕込まれていると思ってください。
こうしたトリックはなかなか見つけづらいですが、契約内容をよく見ればわかると思います。


使える端末は?iPhoneは使用可能??

格安SIMでは通信会社が販売しているスマホ以外に、他の通信会社が販売しているスマホや家電量販店で販売しているスマホ、中古スマホを使用することができます。

もちろん、「iPhone」も使用することができます。

現在お使いのスマホや自分で用意したスマホをUQモバイルで使う場合は、以下の点に注意する必要があります。

  • SIMロックが解除してあること。またはSIMフリースマホであること。
  • スマホがauの電波を受信できること。
  • 音声通話SIMの場合、SIMカードが2種類ある

UQモバイルはau回線を利用するので、auで購入したスマホを利用する場合は、一部の機種を除いてSIMロック解除は不要ですが、SIMロック解除はキャリア契約時でないと解除できないので、キャリア契約中に解除することをお勧めします。
SIMロック解除することで、中古ショップに売る場合も高値になる事があります。

SIMロック解除以外にも、スマホが受信可能な周波数にも気を付けなくてはいけません。
キャリアごとに使用している無線周波数が異なります。
キャリア購入のAndroidスマートフォンの場合、受信可能な周波数がそのキャリア専用になっている可能性があります。
またSIMフリースマホでも、特定の周波数は受信できないものもありますので、確認は必要です。

UQモバイルで受信可能な周波数は以下の通り。

バンド1とバンド18/26に対応しているスマートフォンであればOKです。

また、UQモバイルというか、au回線には、2種類の音声通話SIMカードがあります。
UQモバイルの場合は契約時にどちらかを選ぶことになります。

■4GLTE
  • インターネット回線は4GLTEを使用していますが音声通話は3G回線を使用しています。
■VoLTE
  • インターネット通信が音声通話しながら可能。
    4GLTEよりデータ通信速度も音質も向上しており、現行のSIMではこちらが最新です。
    ※UQmobileではマルチSIMと表記されています

基本的には「VoLTE」で構わないです。
但し、古いスマホになると「VoLTE」に対応していないこともあります。

iPhoneを使用する場合、以下の対応表を確認してください。


Androidの場合は機種が多いので、対応可能スマートフォンはUQモバイル公式サイトを確認してください。


「おしゃべりプラン」「ぴったりプラン」から「スマホプラン」への変更は可能か?

2019年9月までの「おしゃべりプラン」「ぴったりプラン」から新料金プランの「スマホプラン」への変更は条件を満たしていれば可能です。

「おしゃべりプラン」「ぴったりプラン」→「スマホプラン」への条件
・1回目の満了月の翌月まで契約していること。

要するに2年以上契約していれば、更新月は関係なく、いつでも「スマホプラン」への変更は出来ますよ。って事です。

2年以上UQモバイルを契約している場合は、「スマホプラン」プランへの変更をした方がよさそうです。

■「スマホプラン」のメリット
・2年契約ではなくなっている。
・いつ解約しても違約金が発生しない。
・スマホプランSとMは増量オプションがあらかじめ含まれているので、面倒なチャージをしなくて済む。

デメリットもありますが・・・

キャリアよりも安く、格安SIMより通信速度が優れているサブブランドのUQモバイル。

純粋な格安SIMよりも気持ち(?)割高ですが、それでもキャリアの料金に比べれば安ので、スマホ料金はガクッと下がりますよ!
スマホ料金を節約したいけど、通信速度が遅くなるのは嫌だなと思っている方は検討してみてください。

公式サイトこちら


ソーシャル・シェア
新着情報
スマートフォン